独自遮断熱工法と本物の国産自然素材をいかし、住む人の健康をイエカラ考える工務店。厚木市の新規注文住宅・リフォーム・リノベは民家工房常栄にお任せ下さい。

石綿の事

珪藻土マットからアスベスト(石綿)が

相次いで確認されるニュースが続きました。

地中から採取される珪藻土には

石綿はほぼ含まれていないと言われています。

しかし製品にする為に混ぜらた素材に

石綿が混入した事が原因とみられています。

新聞記事に日本では労働安全衛生法で

重量の0.1%を超える石綿を含んだ製品の

輸入は禁止されていますが、2006年以前は

1%以下は「石綿は含まれていない」扱い。

改正前に製造された物が規制強化後に加工され

流通したためとの事。

さらに

石綿は70~90年代を中心に

約1000万トンが輸入され

石綿を使った民間建築物は国内で約280万棟。

と締めくくられています。

人が便利の先に作り出すものは、本質が変わります。

無垢材や原料にこだわった家を建てているのは

こういった事が万が一にも起こる事が無いように

住まう人が健康で笑顔の時を過ごして欲しいから。

多くの新建材が使われる家造りではありますが

自分と大切な○○を守るため

すっぴんで使える自然素材の安全性を

もう一度見つめ直してみませんか。

 

追記

写真の水仙はOB様のM様宅からお嫁いり

綺麗なお花と可憐な香りを届けてくれています。

 

~「空気・水・素材」をイエカラ整える~本物の国産自然素材と遮断熱住宅は民家工房常栄~