独自遮断熱工法と本物の国産自然素材をいかし、住む人の健康をイエカラ考える工務店。厚木市の新規注文住宅・リフォーム・リノベは民家工房常栄にお任せ下さい。

大磯町 S邸新築注文住宅11 玄関枠とサワラ

島根の天井杉板が輝く中

山本芳大工が作成中なのは玄関内枠

杉材に鉋をかけながら、何度も玄関を往復し

最後に水分を含ませた布で拭き、滑らせて納めます。

滑らせたおかげで傷もつかず、乾けばきっちり!

突っ張りをかまして木が収まるのをまてば

玄関をしっかりと守る内枠の完成です。

作業場では現場で使う材を加工中

大きなものだけでなく

いんにっさんの天井下地になる子も

鉋にかけるとピカピカお肌が出現

(上下の材が鉋済み 真ん中が未加工)

外壁にはるサワラの板材は

皆様のお目にかかる事も多いので

一層念入りにお化粧。

一皮むけるとはまさにこの事の様な別嬪さんに。

艶がすごくて光を反射してます。

もちろん今でも手鉋は必須ですが

長物は自動鉋があるおかげで助かります。

 

~「空気・水・素材」をイエカラ整える~本物の国産自然素材と遮断熱住宅は民家工房常栄~