独自遮断熱工法と本物の国産自然素材をいかし、住む人の健康をイエカラ考える工務店。厚木市の新規注文住宅・リフォーム・リノベは民家工房常栄にお任せ下さい。

大磯町 S邸新築注文住宅10 床・杉板無垢材と外壁ダブル断熱

アール収納考工房、山本芳大工が

2階の床貼りに取り掛かりました。

島根の中村木材さんから

取り寄せた杉板は、見目麗しいだけでなく

既製品の様に丁寧に加工されていますが

扱う大工さんによって

良くも悪くも変化してしまいます。

その点、山本芳大工は見た目も

歩留まりもよく綺麗に仕上げてくれるので

請負側も住まう方にもありがたい。

そんな姿を横目で見つつ

内職品をもって、山本大工は外に。

ダブル断熱にあたる

EPSを外壁に止めるため

柱にあたる部分に墨で印をつけて

足場を上がったり下がったりしながら

留め具を打ち込みEPSを固定していきます。

 

~「空気・水・素材」をイエカラ整える~本物の国産自然素材と遮断熱住宅は民家工房常栄~