独自遮断熱工法と本物の国産自然素材をいかし、住む人の健康をイエカラ考える工務店。厚木市の新規注文住宅・リフォーム・リノベは民家工房常栄にお任せ下さい。

八王子 N邸新築注文住宅10 トリプル遮断熱の外壁(弊社は室内漆喰も外壁も2回塗り)

弊社のトリプル遮断熱とは以下の3点+独自施工術

①セルロース断熱材

②カーボン入りEPS※1

③断熱遮熱塗料

通常は25坪だと110㎡程ですが

N様宅は北側斜線規制にともない

流行の屋根の形状を設計士が

取り入れたので、壁面積は142㎡となり

カーボン入りEPSが約90枚必要となりました。

大工とともに1枚1枚サイズを測って切断

張り付けを繰り返し完成させた外壁下地に

浅石左官が、下地材を塗った後

1回目の断熱遮熱塗料を塗り終えたN様邸

?1回目?

通常の建築現場は上塗りは1回のみでトップコートを塗って終了。

弊社では室内漆喰も外壁も2回塗り。

同じ漆喰や外壁の塗り壁でも

素材・手法・技で性能や持ちは変わります。

「漆喰」「ぬりかべ」「トリプル断熱」

言葉だけに騙されず、素材・手法・技を見極めるには

営業の話をうのみにせずに現場に足を運び

自らの目で確かめる。

大切な我が家を「言葉」だけで

騙されたらダメですよ。

※1カーボン入りEPSとは…

断熱性能UP+放射熱反射効果が追加されたEPS

費用帯効果の面からも良い商品ですので

追加代金を頂く形とはなりますが

遮断熱こそ近年の異常気象に対抗する家の熱対策と考える

弊社でお客様ご提案している商品です。

 

~「空気・水・素材」をイエカラ整える~本物の国産自然素材と遮断熱住宅は民家工房常栄~