独自遮断熱工法と本物の国産自然素材をいかし、住む人の健康をイエカラ考える工務店。厚木市の新規注文住宅・リフォーム・リノベは民家工房常栄にお任せ下さい。

こうれいの蒟蒻づくり

今年も育てたコンニャク芋で高齢

あっ間違えた。恒例のコンニャクづくり。

畑で育ったコンニャク芋の皮をむき、茹でている間に

凝固剤を計量してカップに作っておきます。

約1時間ほどしたら、煮えたか確かめて

ミキサーにかけ→凝固剤→練りの作業

に入るハズだったのですが…

差し湯を沸かすためにちょっとパソコン作業したら

うっかり山本べぇ出現。

写真の計量カップに入った凝固剤を

何も考えずに芋の鍋に投入。

「なんで凝固剤いれたの?」事務員の言葉に

Σ(゚Д゚)

「なんで言わないの!止めないの!」

「差し湯かと思っていれちゃったじゃん!」

…瞬間の動きはとめられませんし

計量カップに入れたのはご自分です。

プリプリ怒る山本と大笑いの事務員

「もう駄目。絶対失敗。あーもう嫌」

レディのようにつぶやき続ける山本。

どうにかなるよと。

いつもとは逆の立場を楽しむ事務員。

なだめすかしてコンニャクづくりは続きます。

凝固剤入を入れてしまったお湯と芋を

突沸に注意しながらミキサーで撹拌。

ふて腐れてつつも練り作業を頑張る山本

結果は…

いつもとは違う感触ではありますが

とても美味しいコンニャクが出来上がりました

終わりよければ全てよし。

笑顔の山本と「ごめんね」を言って試食しました。

コロナ禍が収まり、またモデルハウスのイベントで

皆様とつくれる日が来ますようにと願う

山本と事務員でした。

 

~「空気・水・素材」をイエカラ整える~本物の国産自然素材と遮断熱住宅は民家工房常栄~