民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

スタッフブログ

2015年7月アーカイブ
2015年07月13日

常栄で床材として使用している小国杉と浮造り仕上げに
ついてご紹介させていただきます。使用素材等について
は、今後もピックアップしていきたいと思っております!

◆小国杉
九州のほぼ中央に位置する小国町、南小国に植林され
ている杉材を小国杉といいます。小国杉は特有の粘りと
艶があり、災害などに強く折れにくいことで有名な強靭
な材です。さらに有機酸の放散が少なく、調湿機能や
窒素酸化物の除去能力にも優れていることがわかって
います。

◆地熱乾燥
熊本県阿蘇郡小国町の丘の湯地区にある地熱エネル
ギーを利用した乾燥施設でフローリング製品は乾燥さ
れています。化学燃料を使用しないCO2排出ゼロで、
地域にあるエネルギーを利用する最も環境にやさしい
乾燥方法です。

oguni_image.jpg小国杉.jpg 

◆浮造り
木材の柔らかい部分を特殊な加工でへこませて、
木目の堅い部分だけを浮き立たせた仕上げの事
をいいます。
ー浮造りの良さー
木目にそった凸凹を再現し、天然木ならではの色合
いや光沢の美しさをより際立たせるとともにその凸凹
による肌に触れた時の心地よさを感じる事が出来ます。
特にフローリング材として使用する事で、足の裏を適
度に刺激して健康にとても良いといわれています。
合板フローリングにツルっと足をとられた方もいると
思いますが、浮造りの滑りにくさは子供からご年配の
方まで安全に歩く事ができるます。

IMG_0014_R.jpg

IMG_0857_R.JPG

 ーsuzukiー



1
お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP