民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

スタッフブログ

2014年10月12日

戦後に造られたスギ・ヒノキの人工林が、本格的な利用期を迎えているそうです。
植えて―育てて―使う このサイクルが健康な森へとつながる―。

林野庁が2005年から推進している「木づかい運動」の取組みの
なかで、特に10月は『木づかい推進月間』となっているそう
です

不健康な森は私たちの生活にも影響を及ぼしてきていますよね。無題.jpg
地球温暖化の原因とも言われるCO2の吸収量が減少したり、土砂くずれ災害などは荒廃した森が原因となっているのではないでしょうか?

森の為にも自分自身の為にも、木づかい推進月間である
今月に、
ちょっとした物でいいから木製品を買って使おう!
と私が考えさせられた記事は、ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」に掲載されております。今回の別冊 チビコトには社長山本のインタビュー記事とモデルハウス
が採り上げられました。ご興味のある方はご一読いただければと思い紹介させていただきました。 (鈴木)

お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP
川上麻衣子石黒彩マイベストプロ国民会議長女の日記