民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

スタッフブログ

2013年2月アーカイブ
2013年02月15日

昨日、今日はサッシや窓をいれ、外回りはタイベックを貼っていきました。

 

1_1.jpg

 

1_2.jpg

また番付けも行いましたface_smile

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1_3.jpg先週は鍋の蓋をつっくたり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

1_4.jpg

 

9、10日には埼玉県朝霞市であさか産業フェアという朝霞市イベントで、大工育成塾 東京塾 楓組(9期生)と自分の組の櫻組(10期生)の合同実技研修、腕比べがありました。

 

 

 

9、10日には埼玉県朝霞市であさか産業フェアという
朝霞市イベントで、大工育成塾 東京塾 楓組(9期生)と
自分の組の櫻組(10期生)の合同実技研修、腕比べがありました。

 

 

 

 

実技は大工志4名と楓組、櫻組で小屋組を建てるという内容で、

一日目は刻みなどを行い、二日目に上棟をしました!

 

上棟後は塾の総棟梁の増田棟梁が祝詞を唱えた後に

棟木に上がり現地の方達に沢山の御餅を蒔きました

 

刻み仕事や御餅蒔き等、色々な体験が出来てとても勉強になりました。

 

また、現地の子供達と箸を作ったり、鉋削り体験を行ったりもしました。

 

1_5.jpg

 

2013年02月05日

 

ははははは・・・・正義の味方、黄金バット・・・じゃなかった民家工房 常栄の現場ブログです。
さて皆さん、もし家を建てるとしたら、建築計画をすすめる前に、その土地の地盤がしっかりしているかどうか、それが心配ですよね? その調査を地盤調査といいます。
地盤調査の結果次第では、地盤を強固に改良する必要性がでてきます。地盤改良には、様々な方法がありますが、その中でも今回は、「ハイスピード工法」という改良方法をご紹介しますネ。
ジャジャーン平塚市のT様邸新築工事の建築予定地に、アースオーガという重機が登場しました

ははははは・・・・正義の味方、黄金バット・・・じゃなかった民家工房 常栄の現場ブログです。

 

さて皆さん、もし家{#emoddys_dlg.emoddys}を建てるとしたら、建築計画をすすめる前に、その土地の地盤がしっかりしているかどうか、それが心配ですよね? その調査を地盤調査といいます。

 

地盤調査の結果次第では、地盤を強固に改良する必要性がでてきます。地盤改良には、様々な方法がありますが、その中でも今回は、「ハイスピード工法」という改良方法をご紹介しますネ。

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ジャジャーンnote平塚市のT様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の建築予定地に、アースオーガという重機が登場しましたmark_ecstoramation

 

b89b3511-s.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ドリルの先端を地表に挿入して、地中に5.5メートルの深い穴を掘ります。

 

26c09763-s.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ドリルが深く挿入されるについれて、中から次々と地中の土が掘り返されてきました。

 

be6f1bfc-s.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}出てきた土は、なんとドロドロでグチャグチャの粘土質でした。地面の下がこんな状態では、地震の時が心配ですよねぇ。

 

{#emoddys_dlg.emoddys}そこでこの掘った穴に砕石を詰めてゆきます。

 

cfcdf495-s.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ドリルを回転させながら、少しずつゆっくりと時間をかけて砕石を混入してゆきます。

 

5217ba89-s.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}直径45センチ、深さ5.5メートルの円柱状の穴に砕石が詰め終わりました。

 

4dad69af-s.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}建てる予定の家の重点を計算して、加重がかかると考えられる地面のポイントにこうした砕石の円柱を築いてゆくのが、「ハイスピード工法」です。

 

「ハイスピード工法」は、一般的な地盤改良の「柱状改良(地中の土と硬化剤とを混合させる工法)」よりも、高い強度が発揮されます。

 

これで地盤改良も完了。まずは一安心ですね。note

 

{#emoddys_dlg.emoddys}そして実は昨日、このT様邸新築工事の上棟が無事に終了しました。

 

1e4b02f0-s.jpg

 

T様、上棟おめでとうございました。そして色々とお心尽くしをありがとうございました。heart良い家{#emoddys_dlg.emoddys}ができるよう、スタッフ、職人一同、チカラを合わせて頑張りますmark_ecstoramation

2013年02月03日

 

ご町内の皆さま、毎度おなじみの現場ブログ・オブ・民家工房常栄で、ございます。
さて、ご報告が遅れてしましましたが、1月19日(土)に今年最初の上棟が行なわれました。愛川町のY様邸の新築工事です。
この日は、真っ青な快晴。上を見上げれば、長いクレーンと一筋の飛行機雲が。

 

ご町内の皆さま、毎度おなじみの現場ブログ・オブ・民家工房常栄で、ございます。

 

さて、ご報告が遅れてしましましたが、1月19日(土)に今年最初の上棟が行なわれました。愛川町のY様邸の新築工事{#emoddys_dlg.emoddys}です。

 

この日は、真っ青な快晴{#emoddys_dlg.emoddys}。上を見上げれば、長いクレーンと一筋の飛行機雲が。

 

 

2_1.jpgのサムネイル画像

 

と、いつまでものんきに空を眺めている間もなく、大工さん達がテキパキと作業を進めてゆきます。

 

2_2.jpgのサムネイル画像

 

私はというと、大工仕事ができないので、まずは足場のネット張り作業に取り掛かります。

 

2_3.jpgのサムネイル画像

 

・・・But、実は高い所が苦手なので、内心ビビリながら作業しています。

 

そしてお昼の腹ごしらえ。

 

2_4.jpgのサムネイル画像

 

 

お弁当は、施主様がご用意してくださいました。ご馳走様でした。{#emoddys_dlg.emoddys}

 

午後もはりきって取り掛かり、次第に家の形になってゆき、無事に上棟するとこができました。body_good

 

 

2_5.jpgのサムネイル画像

 

棟梁と施主のご主人様と奥様の3人で、建物のお清めをしています。

 

2_6.jpgのサムネイル画像

 

 

お神酒、塩、お米の順に各角に蒔いてゆきます。

 

そして棟梁と施主様が下屋根に登って、お餅やお菓子を蒔きました。

 

 

2_7.jpg

 

 

勾配屋根の上に乗って、少々怖かったご様子でしたが、普段は屋根に乗る機会なんて無いでしょうから、当然ですね。

 

Y様、上棟おめでとうございました。

 

民家工房常栄では、国産無垢の檜(ひのき)の4寸(12センチ)の柱を使用しています。併せて神奈川県産材も使用した地産池消の家造り{#emoddys_dlg.emoddys}をしております。sparkling

 

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。telephone046-241-6959

 

1
お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP