民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

スタッフブログ

2012年8月アーカイブ
2012年08月31日

 

レディース アンド ジェントルマン。おとっつぁん、おっかさん、大変 長らくお待たせ致しました。ミーがトニー谷ざんす。・・・じゃなかった、 民家工房 常栄の現場ブログざんす。
いぁー、それにしても毎日 残暑が厳しいざんすねぇ。もう、汗だらだらです。そんな中、先日28日の大安に、厚木市の?様邸新築工事の上棟が行なわれました。
こちらの現場は、敷地内にクレーン車が浸入できない環境の現場です。そこで今回は、それぞれの部材を手運びで搬入、組立をすることになりました。

レディース アンド ジェントルマン。おとっつぁん、おっかさん、大変 長らくお待たせ致しました。ミーがトニー谷ざんす。・・・じゃなかった、 民家工房 常栄の現場ブログざんす。

いぁー、それにしても毎日 残暑{#emoddys_dlg.emoddys}が厳しいざんすねぇ。もう、汗だらだらです。そんな中、先日28日の大安に、厚木市のI様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の上棟が行なわれました。

こちらの現場は、敷地内にクレーン車が浸入できない環境の現場です。そこで今回は、それぞれの部材を手運びbody_stopで搬入、組立をすることになりました。

 

12_1.jpg

 

みんなで柱を建て、その上に手運びで梁を持ち上げて、組み立ててゆきます。body_biceps

何気に重労働。その上にこの猛暑ですから、作業の合間をぬって、小まめに水分補給をしてゆかなくては、熱中症で倒れてしまいます。

 

12_2.jpg

 

「よっこらしょ!」と、立派な大黒柱もみんなで起こしてゆきます。

 

12_3.jpg

 

かなり太い大黒柱です。もちろん、国産無垢材です。

 

12_4.jpg

部材と部材とを「かすがい」というコの字形の大釘を打ち込んで、つなぎ止めます。「子はかすがい」といいますが、この言葉の由来は、子供の存在が、夫婦をつなぎ止めているという意味からきているそうです。

12_5.jpg

屋根下地である垂木を乗せ、野地板と防水紙を貼って終了です。

平屋建て{#emoddys_dlg.emoddys}ではありますが、手間のかかる造りでしたので、日暮れ時まで時間を要しました。

I様、上棟おめでとうございます。

年明け、この家が竣工する頃に、I様には、お子様がお産まれになるご予定です。二重にお祝いできるように、しっかりと管理させていただきます。

2012年08月25日

 

お盆は皆様お出掛けに行かれましたか?
自分は一泊二日で熱川温泉、白浜に行ってきました。

 

お盆は皆様お出掛けに行かれましたか?

 

自分は一泊二日で熱川温泉、白浜に行ってきました。

 

 

11-1.jpg

 

11-2.jpg

 

 

温泉はヒノキ風呂。

初めて入りましたがぬくもり感のようなものがあり

とても気持ち良かったです!

 

でも、お盆が終わるのは早かった〜

まだ休みが足りない感覚に陥ってしまいます。

 

まあそんなことは言ってられず今週から見習い開始です!

 

 

優良工務店の看板作り。

 

 

11-3.jpg

 

 

看板など色々経験したのである

程度スムーズに作業ができました。

 

 

11-4.jpg

 

そして今は道具箱を作っています。

 

11-5.jpg

 

2012年08月09日

 

8月の座学では木拾いを学びました。
木拾いとは、設計図から調達するための木材の量を割り出すこと。
授業では、ある家の土台伏図の設計図面を書き、そこから土台、
大引、床束、管柱の必要となる木材を割り出しました。
例えば、1?1の土台はヒノキで仕上り寸法が120mm×120mm×3.940mm、本数2本
荒挽き寸法126×126×4.000、本数2本、計算が3.640+315?15。
こんな感じです。
写真は左の図は元々印刷してあり、右側に同じ図面を書きました。
下が割り出しの計算、確認です。
床束の記号の丸はフリーハンドなので、丸っぽくないですが(笑)

 

8月の座学では木拾いを学びました。

 

木拾いとは、設計図から調達するための木材の量を割り出すこと。

授業では、ある家の土台伏図の設計図面を書き、そこから土台、

大引、床束、管柱の必要となる木材を割り出しました。

 

例えば、1−1の土台はヒノキで仕上り寸法が120mm×120mm×3.940mm、本数2本

荒挽き寸法126×126×4.000、本数2本、計算が3.640+315−15。

 

こんな感じです。

写真は左の図は元々印刷してあり、右側に同じ図面を書きました。

下が割り出しの計算、確認です。

 

床束の記号の丸はフリーハンドなので、丸っぽくないですが(笑)

 

 

12-1.jpg

 

 

今回の木拾いの座学では、木拾いの仕方などを学ぶ事が

できました。また、木材を調達する上で必要以上の木材を

調達すると、木材の長さによっては値段も変わってくるので、

ある2つの土台があるとして、

1つ目の木材は仕上り寸法が120×120×2.210なので

荒挽きで126×126×3.000物が1本必要。

2つ目の木材は仕上り寸法が120×120×745なので

荒挽き126×126×1.000物が1本必要だとしたら、

材木屋さんに各2本を発注するのではなく、

1つ目の木材からは126×126×790の余りが出るので、

そこから2つ目の745材を作れば、1本分の木材の

金額も減らせるということも勉強になりました。

 

まるべく廃材を出さないように、無駄の無いように

木拾いをすることが大切だと思いました。

 

2012年08月06日

 

焼酎お見舞い申しハゲます。連日の暑さで、頭がおかしくなってしまいました。民家工房常栄の現場ブログです
さて、さて、さては南京玉すだれ・・・じゃなくて、さて、今回は、先月末にお引き渡しさせていただいた 相模原市緑区(旧:津久井町)の?様邸新築工事の完成をレポートしたいと思います。
こちらの現場では、キッチンの天板に特注でオーダーしたステンレスを使用しました。板金屋さんが採寸して製作した完全フルオーダーのステンレストップで、天板とシンクとが一体で、プロの厨房同様のヘアライン仕上げです。

 

焼酎お見舞い申しハゲます。連日の暑さで、頭がおかしくなってしまいました。民家工房常栄の現場ブログです

 

さて、さて、さては南京玉すだれ・・・じゃなくて、さて、今回は、先月末にお引き渡しさせていただいた 相模原市緑区(旧:津久井町)のI様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の完成をレポートしたいと思います。note

 

こちらの現場では、キッチンの天板に特注でオーダーしたステンレスを使用しました。板金屋さんが採寸して製作した完全フルオーダーのステンレストップで、天板とシンクとが一体で、プロの厨房同様のヘアライン仕上げsparklingです。

 

 

13_1.jpg

 

こうして完成したキッチンが、コチラ{#emoddys_dlg.emoddys}です。キッチン本体と扉には、国産材木を使用し、とてもスタイリッシュに仕上がりました。

 

13_2.jpg

 

ダイニングスペースも国産木材と日本漆喰の自然素材に包まれて、とっても心地良い空間です。sparkling

 

13_3.jpg

 

 

ここまでキッチンがきちんとしていると、お料理も お食事も ムチャクチャ楽しくなっちゃいますね〜。note

 

そして施主様のこだわりが、各箇所の手洗いに設けられたボウルです。信楽焼(しがらきやき)という陶磁器で造られています。

 

 

13_4.jpg

 

 

信楽焼は、滋賀県甲賀市信楽町を中心に作られる伝統陶磁器で、日本六古窯のひとつに数えられており、一般にはタヌキの置物が著名です。芸術性に富み、独特の味わいがあります。sparkling

 

さらに施主様のずご〜いこだわりが、浴室hot_springの浴槽です。hearts

 

 

13_5.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ナントこの浴槽も陶磁器で出来ているというから、驚きface_surprised、桃の木、ビックリマンモスです。いやぁ〜、これほどのビッグサイズの陶磁器が焼ける窯が、あるんですねぇ〜mark_ecstoramation

 

そしてそして、このおうち{#emoddys_dlg.emoddys}には、実は囲炉裏(いろり)のお部屋まであるんです

 

 

13_6.jpg

 

 

こちらもかなりレアですmark_ecstoramationちなみに囲炉裏は、銅で作られています。銅メダル獲得、おめでとうございますmark_ecstoramation(・・・違うか) 

 

さらに驚いたことに、こちらの施主様は、山を所有されております。

 

 

13_7.jpg

 

 

和室の押し入れ脇の太〜い柱{#emoddys_dlg.emoddys}は、ご自分の山から伐採した木を使って、柱にしているのです。

 

ビックリだらけで、レア尽くし、トレビア〜ンのI様邸のご新居。{#emoddys_dlg.emoddys}

完成を目の当たりにした30代のご主人様は、「モデルハウスにいるみたいで、自分の家だという実感がわかない・・・」と夢のようであるという心境を話してくださいました。

 

まだ1歳で、つたえ歩きのかわいい娘さんの この家でのご成長も楽しみです。I様、竣工おめでとうございます。

 

自然素材で、しかも国産材仕様の家{#emoddys_dlg.emoddys}に憧れている そこbody_no1の30代のパパさん、ママさんmark_ecstoramation お盆休みには是非、愛川町半原にある民家工房常栄の「元(はじめ)の家」モデルハウス{#emoddys_dlg.emoddys}に、ご予約telephone(TEL046-241-6959)の上、お子さま連れで、遊びに来ちゃってくださいませmark_ecstoramation

 

当社の代表 山本が、お客様のお越しを 脚を短くして・・・じゃなかった 首を長〜くして、お待ちしておりま〜す!body_stop

1
お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP