民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

スタッフブログ

2012年2月アーカイブ
2012年02月16日

 

全国 128,057,352人の皆様 こんばんみ。
現場ブログ in 民家工房常栄です。
今回お届けするのは、秦野市の?様邸新築工事の現場から、壁紙貼りの様子です。
壁紙というと皆さんは、ビニールクロスを想像しますよね?
But!自然素材仕様の民家工房常栄では、和紙で できた壁紙で仕上げているんですょ。
和紙の代表ブランドである 越前和紙 をベースに作られた超撥水和紙壁紙「玉紙(たまがみ)」は、和紙本来の持ち味をそのままに、撥水性と防汚性をプラスし、微細な色と素材感で住空間を彩ってくれる優れモノなのです。

 

全国 128,057,352人の皆様 こんばんみ。

現場ブログ in 民家工房常栄です。Wink

 

今回お届けするのは、秦野市のI様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の現場から、壁紙貼りの様子です。

 

壁紙というと皆さんは、ビニールクロスを想像しますよね?

But!自然素材仕様{#emoddys_dlg.emoddys}の民家工房常栄では、和紙で できた壁紙で仕上げているんですょ。note

 

和紙の代表ブランドである 越前和紙 をベースに作られた超撥水和紙壁紙「玉紙(たまがみ)」は、和紙本来の持ち味をそのままに、撥水性と防汚性をプラスし、微細な色と素材感で住空間を彩ってくれるsparkling優れモノなのです。body_good

 

 

38_1.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}施工の手順を説明させていただくと、はじめに石膏ボードが貼られた天井・壁面の継ぎ目にパテ処理を行なってゆきます。

 

38_2.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}そして糊着けの機械で、和紙の壁紙に糊を着けてゆきます。

 

38_3.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}糊を着けた和紙を束ねるようにまとめたら、約10分間ほどビニール袋に入れて放置プレイしておきます。face_sparkling_smile

 

待っている間に糊の水分が和紙に吸収されて、和紙の長さが若干長くなってゆくのです。

それと同時に和紙は、なぜだか少し発熱をします。ビニールクロスでは糊着けしても発熱しません。

 

この待ち時間のことをオープンタイム{#emoddys_dlg.emoddys}と呼びます。

オープンタイムを待たずに和紙を貼ると、貼った後で和紙が伸びてしまうので、仕上がりにシワが発生してしまうのです。face_shout

 

 

38_4.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}およそ10分が経過したので、天井に2人がかりで手際良く和紙の壁紙を貼り進めてゆきます。sweat

 

38_5.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}「あなたから私へ〜私からあなたへ〜note」と息の合ったビューティーペアのコンビネーションで和紙の壁紙を貼ったら、和紙の継ぎ目のジョイント部分をローラーで押さえてゆきます。body_peace

 

38_6.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}和紙の壁紙は、糊の吸収による膨張が早いので、2幅づつしか糊着けができません。sweat

したがって作業時間{#emoddys_dlg.emoddys}が、ビニールクロスの約2倍の時間を要するのです。

 

和紙の壁紙は、取り扱いも難しくて非常に手間がかかるsweatので、クロス屋さんも苦労しながら施工してくれています。face_embarrassed

 

 

38_7.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}こうして和紙の壁紙の仕上げが完成しました。sparkling

 

この部屋は、白色と紺色とのツートンカラーheartsで、コーディネートしています。

 

そしてさらにこの和紙の壁紙に、民家工房常栄では「FFC加工」という独自の免疫加工を施しているbody_peaceので、この部屋で過ごす人の免疫力を高めるという作用を働きかけてくれます。

 

和紙の雰囲気に癒されつつ、健康になれる。文句無しの快適空間{#emoddys_dlg.emoddys}ですね!hearts

 

余談ですが、壁紙の「はりかえ」を漢字で書くと「貼り替え」と書き、ふすまの「はりかえ」は「張り替え」と書きます。

以上、豆知識でした。それでは、また次回。バイバイキ〜ンnoteWink

 

 

2012年02月10日

 

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ?ン。民家工房常栄の現場ブログです?。
さて今回は、中古住宅に自然素材仕上げで全面リフォームを行なっている厚木のT様邸の様子をご案内します。
在来工法の中古木造住宅では、壁の中で結露によるカビが発生しているケースが多々あります。T様邸の現場も例外ではありませんでした・・・。

 

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ〜ン。note民家工房常栄の現場ブログです〜。Laughing

 

さて今回は、中古住宅{#emoddys_dlg.emoddys}に自然素材仕上げで全面リフォームを行なっている厚木のT様邸の様子をご案内します。note

 

在来工法の中古木造住宅{#emoddys_dlg.emoddys}では、壁の中で結露によるカビが発生しているケースが多々あります。T様邸の現場も例外ではありませんでした・・・。face_shout

 

 

39_1.jpg

 

 

どうして壁の中で結露が発生してしまうのでしょうmark_ecstoramationmark_question

 

25年くらい前に建てられた当時の住宅{#emoddys_dlg.emoddys}には、壁の中にグラスウールというガラス繊維の断熱材が、おおむね使用されていました。

 

下の図をご覧ください。在来工法{#emoddys_dlg.emoddys}の場合、室内の空気が暖房によって暖まると、床下の冷たい空気が温度差による気流の流れによって、壁の中を下から上へと通過してゆくのです。

 

 

39_2.jpg

 

 

グラスウールが外壁側に設けられていると、断熱効果が少なく、気流の流れによって結露が生じやすくなり、やがてカビが発生してしまうのです・・・。face_mistake

 

壁体内のカビは、放置しておくと呼吸器系の病気face_mistakeにも繋がりやすいので、大工さんがカビ取り剤で、カビを除去してくれています。body_good

 

 

39_3.jpg

 

ふたたび壁の中で結露が生じないように、床下と壁体内との隙間を埋めて、床下の冷たい空気の上昇を防ぎます。

 

39_4.jpg

 

隙間ふさぎに用いたのは、ウールブレスという羊の毛100%の断熱材です。以前ご紹介したセルロースファイバーと同等の高い断熱効果を発揮してくれる優れモノの断熱材です。body_peace

 

39_5.jpg

 

 

厚み10センチのウールブレスをさらに天井と壁の中にギュウギュウ詰めにして挿入してゆきます。

 

これで断熱対策もバッチリ。  壁体内の結露の心配もありません。

 

 

39_6.jpg

 

 

ちなみにこの断熱材には、ちゃ〜んとウールマークが付いているんですょ。

 

ひつじの毛で作られている断熱材、暖かくてGOODですょ。hearts

 

 

2012年02月09日

 

皆さま、この民家工房常栄の現場ブログも満5ヶ月になりました。
これもひとえに温かい拍手のクリックを沢山してくださる読者の皆さまのお陰です。
(さりげなく拍手クリックの催促・・・笑)
現場ブログ第1回目にご紹介した新築上棟現場、座間市のW様邸が、この度、無事にお引き渡しの運びとなりました。
W様邸新築現場、まずは玄関からご案内いたしましょう。

 

皆さま、この民家工房常栄の現場ブログも満5ヶ月{#emoddys_dlg.emoddys}になりました。Smile

 

これもひとえに温かい拍手のクリックを沢山してくださる読者の皆さまのお陰です。hearts

(さりげなく拍手クリックの催促・・・笑)

 

現場ブログ第1回目にご紹介した新築上棟現場、座間市のW様邸{#emoddys_dlg.emoddys}が、この度、無事にお引き渡しの運びとなりました。note

 

W様邸新築現場{#emoddys_dlg.emoddys}、まずは玄関からご案内いたしましょう。

 

 

40_1.jpg

 

玄関ドアを空けると常栄特有のオール国産無垢の杉仕様の空間sparklingが出現です。note

 

40_2.jpg

 

中へ進むと広々としたLDKが現われます。 hearts天井と壁には、ビニルクロスではなく、和紙でできた壁紙が貼られています。

 

40_3.jpg

 

 

別のアングルから捉えた写真です。

 

大きなキッチンカウウンターには、調理したお料理が沢山並べられそうです。heart_shake

 

 

40_4.jpg

 

 

2階の洋間も思わず深呼吸したくなるような空気感sparklingが漂っています。

 

床板も腰板も建具類も全てが国産無垢の杉板で仕上がっています。body_peace

 

これだけの仕様で、価格は・・・他の工務店と比較したら驚いてしまう程のお値打ち価格なのです。body_good

 

通常の場合、構造材も内装材もすべてが国産無垢でオール自然素材の仕様での家{#emoddys_dlg.emoddys}を建てたら、比較的に富裕層の方でないと手body_stopが届かない価格帯になってしまいがちです・・・。face_mistake

 

その反面、民家工房常栄では、他の工務店ではマネのできない企業努力sweatで、憧れheartsだったオール国産無垢、オール自然素材のマイホーム{#emoddys_dlg.emoddys}を諦めかけていた人であっても、購入の可能性が開けてくるのです。face_smile

 

詳しくは、民家工房常栄まで、「【元(はじめ)の家】について知りたいっmark_ecstoramation」とお気軽にお電話telephoneやメールmailにて、お問い合わせください。heart_shake

 

 

2012年02月06日

 

早いもので2月に突入しました。 皆さま いかがお過ごしでしょうか?
今回は、4日(土)に行なわれた相模原市緑区(旧:津久井郡)の?様邸新築工事における上棟の様子をお伝えします。
現場の周辺は、山合いの緑豊かな景観の美しいところです。当日は天候に恵まれ、気温も比較的に暖かで、のどかな雰囲気が漂っていました。

 

早いもので2月snowmanに突入しました。 皆さま いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、4日(土)に行なわれた相模原市緑区(旧:津久井郡)のI様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事における上棟の様子をお伝えします。

 

現場の周辺は、山合いの緑{#emoddys_dlg.emoddys}豊かな景観の美しいsparklingところです。当日は天候{#emoddys_dlg.emoddys}に恵まれ、気温も比較的に暖かで、のどかな雰囲気が漂っていました。

 

 

41_1.jpg

 

 

現場{#emoddys_dlg.emoddys}は、小道に入ったところの奥に位置しています。

下の写真の中央に見える足場に覆われたのが、現場{#emoddys_dlg.emoddys}です。

 

 

41_2.jpg

 

常栄の大工さん達が勢ぞろいし、息の合った連携プレーで、午前中の間に建物の形が出来上がっていきました。

 

41_3.jpg

 

 

めいいっぱい働いたので、みんなとっても腹ペコです。face_sad

 

お昼どき、なんとI様のご家族皆さまが、我々のためにお昼ごはんをご用意してくださいました。face_smile

 

 

41_4.jpg

 

ご家族皆さまでの お昼ごはんのセッティングの連携の良さは、大工さん達のチームプレイに引けを取らず、華麗sparklingに整っていました。

 

41_5.jpg

 

 

お昼のメインメニューは、カレーライスと豚汁です。その他の煮物やサラダなどのおかずも全て、お施主様の畑で取れた食材で作られています。

 

いわゆる地産池消です。こんにゃくまで手作りなのには、驚きました。face_love

 

 

41_6.jpg

 

 

職人さん達も大満足。face_smileとっても美味しいお昼ごはんでした。note

 

そして実はコチラの施主様は、山を所有されており、その山の木を伐採して、今回建てる家の構造材の一部に使用します。

 

まさに地産池消の家{#emoddys_dlg.emoddys}です。

 

 

41_7.jpg

 

 

お施主様手作りのお昼ごはんを食べて、パワー満タン。

 

午後も大工さん達の頑張りで、無事に上棟が終了しました。

 

 

41_8.jpg

 

 

現在では珍しくなった囲炉裏を設ける こだわりのお住まい{#emoddys_dlg.emoddys}ですので、今から完成が楽しみです。face_smile

 

I様、上棟{#emoddys_dlg.emoddys}おめでとうございます。 そしてご馳走様でした。hearts

 

1
お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP