民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

常栄のこだわり

木組みあらわし
02

住まいの近くで育った木を使うことが一番大切。
日本古来の住宅をよく見てみると、古来、日本人はとても丁寧に周りの自然と付き合い、ゆったりとした時間の中で生きてきたことが分かります。
現代文明が様々な面で行き詰まりを見せている現在、建築に限らず様々な生活文化の中で、自然に対して人間が謙虚であった時代の知恵から学び取れることが、沢山あるように思います。
空間の作り方の中にも、土間や、坪庭、通り庭、軒下や縁側など、自然を家の中へ取り入れ、内と外をつなぐ様々な工夫がなされてきました。
これらの空間的基礎となっているのが木組みです。家づくりの基本は木組みにあるのです。
木組みの家は構造体の多くが見えている作りです。
現代の家と木組みの家の違いは家の骨組みの見え方にあります。
現代の家は、家が完成してしまうと柱や梁といった構造材がすべて隠されてしまいますので、家の一番大事な骨組みが外見では判断できません。粗悪な木材を使って、手抜き工事をしていても、表面さえきれいに仕上がっていれば素人では、まず、安全な家かどうか判断できません。
一方、木組みの家=構造あらわしは構造体の多くが見えている作りなので、材料の良し悪し、大工の腕の良し悪しが一目瞭然です。
木組みあらわし

シンプルで美しい木組みの構造

木組みの家はスケルトン・インフィルです。
スケルトン・インフィルは、建物のスケルトン(=柱・梁・床等の構造躯体)とインフィル(=住戸内の内装・設備等)とを分離した工法のことです。昨今、住宅を長持ちさせるために行われているものですが、木組みあらわしの家は、実はスケルトン・インフィルなでのす。構造体をあらわしにすることで、年月を経た後の痛み具合を見て、部分修復することが出来まるのです。しっかりした構造体をつくっておけば、暮らしの様態や変化に合わせて、将来、空間を自在に変えられる可変空間となるのです。
木組みあらわし

構造の見学会の様子

丈夫で長持ちするバランスの良い木組みの家。
木組みあらわしの家の構造は、建物を支える柱・梁・土台、地震の力を受ける耐力壁、その力を伝える床や屋根の3つので構成されます。
この3つのうちでどこかに弱いところがあると、そこから破壊してしまいます。3要素をバランス良く設計することで、耐震性が高い家を実現しています。
耐震性の高い構造とするため、木組みの家の柔らかく粘りのあるという特徴を最大限生かし金物の使用は必要最小限に留めています。
木組みあらわし

柱と梁の接合部

お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP
川上麻衣子石黒彩マイベストプロ国民会議長女の日記