民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

常栄のこだわり

免疫住宅
04

生涯を通じて、からだに入る物質の56%は自宅で吸う空気です。
私たちが住む住空間でも、新築の臭いがする部屋に住み始めると、その建材に使われている化学物質が、呼吸や皮膚を通じて体に侵入し、健康被害が起こるということがわかりました。このような問題を解決するため、「免疫住宅」は開発されました。
人間が一生の中で摂取する物質の重量比は、吸い込むもの(83%)、飲み物(8%)、食べ物(7%)の順になります。その吸い込むものの中で、もっとも大きな比重をしめるのが「自宅の空気」です。
実に、人が一生涯で摂取するものの総重量の56%をしめる計算になり、私たちの健康に大きな影響を与えていることが分かります。
ヒトは善玉常在菌で守られ健康を保っています。
殺菌加工・抗菌加工・防虫加工・防カビ加工といった悪玉菌を消滅させるために加工が、私たちの生理機能をたかめる善玉常在菌を抑制してしいます。このことにいち早く気付いた子ども服業界では、抗菌加工の害を認識した取り組みが行われています。
乳幼児の皮膚を守っている善玉常在菌の数を減少させてしまう抗菌加工を見直し、自然のままの素材が中心となっていきています。抗菌加工に包まれた生活は、生体のバランスを崩し、ストレスを誘発し、人間の免疫力を低下させてしまうのです。
免疫住宅

乳幼児の皮膚を守ります

新築の臭いはすべて化学物質の臭いです!
私たちのカラダは、呼吸で取り込んだ物質を解毒でません。この物質は、血液・リンパ液を通じでカラダの中をめぐり、色々な健康被害を起こします。妊娠中に化学物質を取り込むと胎児の複合汚染につながる危険が大きいと言えるでしょう。
免疫住宅

子どもは世界の宝です

このような危険性を解決したのが「FFC免疫技術」です。
現代の木材は酸性雨や大気汚染の影響を受け、木材そのものの機能が落ちているため、必ずしも健康な素材とは言い切れなくなっています。建材・クロスを始め漆喰・珪藻土(ケイソウド)等も、化学薬品を使用して商品化されています。
FFC免疫技術は、木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分に2種類のミネラル(鉄:Fe2・Fe3)を含浸させる技術です。
この技術によって、化学物質の害を最小限に抑える事が出来ます。ハーバード大学や国内の大学等によって研究がなされ、その効果が証明されております。
免疫住宅

森林も酸性雨や大気汚染の影響を受けています

FFC免疫技術を用いたフルーツ実験。
民家工房 常栄では、FFC免疫技術を用いた独自の実験を行っています。
これはFFCを含浸させた段ボールの中にリンゴを入れるシンプルな実感です。
半年経ったリンゴは、異臭や腐敗を起こさずに、段ボールの中で「ドライフルーツ」になるのです。
これがFFCの力です。FFCが善玉菌を増殖しカビを抑制した効果です。民家工房 常栄は、木材や漆喰、クロスなどにFFCを適用し、良質な空気をつくり健康住宅をつくっています。
免疫住宅

元の家でのフルーツ実験の様子

FFC免疫技術の効果は、あらゆる研究機関で実証されています。
・善玉菌の増殖効果を見る
・カビの抑制効果を見る
・マイナスイオン増大効果を見る
・フローリングの効果見る
・遠赤外線効果見る
・皮膚細胞の活性化効果を見る
※上記コンテンツは、こちらでPDFでリンクさせます。
免疫住宅

カビの抑制効果

お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP
川上麻衣子石黒彩マイベストプロ国民会議長女の日記