民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

事例写真とお客様の声

角様邸

家族が元気をもらう家
sumisama_02.jpg
これから家を建てる方へ

実際に住んでいる方の家を見学しましょう。

「いい家」を建てるには「いい家」に会うことです。
「いい家」は家の作りで判断できるものではなく、そこに住む家族に会って初めてわかります。
既に住んでいる方の家を見ることで「いい家の本質」に出会えます。
住宅展示場には多くのモデルルームがあります。しかしそこには実際に暮らしている方はいません。
私の家族も展示場に行き、「家」や「構造」や「設備」をたくさん見学しました。
その中で常栄に安心して決めることができたのは、今思えば常栄さんが建てた新築の家だけでなく既に住んでいた方の家を見学できたことが大きかったです。
「いい家」はそこに住む家族を元気にし、そこに住む家族により家の持つ雰囲気を良くします。
それを肌で感じたことで、「いい家」を建ててもらいそこに住む私達の暮らしが想像できました。
私達は、常栄さんの家から毎日パワーをもらい健康に幸せに過ごしています。
単に家の性能に満足しているのではなく、家が持つ見えない力をもらっています。
それは、同じ型の板や部品を組み立てた大量生産の家ではきっと得ることはできないものです。
一つ一つ手作りで丁寧に創って頂いた家の端々から伝わってくるものです。
「(うづくりの)木の家は肌触りがいい」という感想を聞くことがよくあると思います。
でもそれは本質をついていないと思います。常栄さんの家の柱や床に使われている木は、職人さんが自然の大木をそれぞれの家に合うように切り分けて削って並べて、微調整してできたものです。そこに関わった方々のいい家を作ろうとする気持ちが伝わって「肌触り」を良くしているのではないでしょうか。(他に常栄さんの家で暮らしている方も無意識に感じているのでは?)

常栄さんの建てる家は、常栄さんに関わる方全ての気持ちの結晶です。

私は家を建てて頂いて実際に住むまで、正直分かっていませんでした。
「いい家」とは材質であり設計であり設備であり、それに見合う費用が必要と考えていました。
そういう意味では、大手のモデルハウスのカスタマイズの家でも満足したかもしれません。
しかし、はたしてその家で本当に家族が元気をもらい今のように幸せになれたでしょうか?
社長の山本さん、設計士の金井さん、ご紹介頂いた平塚の家族の皆さん、山吉さん、山本棟梁と職人の皆さん、望月電気さん、左官屋の加藤さん、屋根の地葉さん、外構の川添さん、その他にも大勢の方のお陰で今住んでいる家に力が宿っているのだと信じています。
常栄さんは「元の家」というブランドを作られていますが、まさに「元気になる家」だと思います。

常栄さんの家のいいところ
ここまでは精神論的な話が多かったので、もう少し具体的に何がいいのかを箇条書きで書いてみたいと思います。

★いいところ
・子供に優しい健康住宅ということですが、本当に子供が元気になります。
・断熱効果は高く、真冬でも春のようです。暖房は少なくて済み、また湿度が保てており室内は乾燥しません。
・光熱費もぐーと抑えられます。新築前の冬は電気ガスで2万以上かかっていましたがオール電化で1万以下です。
・足裏の心地よい感触:一つ一つ異なる木目に足裏が触れる度に脳を活性化された気分になります。
・やさしい手触り:手が触れるだけでなくぶつかった時の木の柔らかさがやさしく感じられます。
・安心する香り:木の香りには好き嫌いがあると思います。私はあまり好きではない方だったはずなのですが、すぐに慣れて毎日が森林浴している気分です。家に帰ってきた時の香りが好きです。
・くしゃみフリーの生活:くしゃみの原因となる小さな埃は木の家では舞いません。これは意外でした。
・真冬でも春の陽気:断熱効果は高く、冬の寒く乾燥した時期でも、家の中は適度な湿度が保たれ室内はとても暖かいです。
・白色と木のコントラスト:白色からは清潔感、木の色や木目からは自然のやすらぎ、とは言い過ぎかもしれませんが、私には両者のコントラストが目に優しいです。

★誰もが気になるところ
・木の傷:床は木なので傷はつきますし傷はつきやすいと言えるでしょう。
子供がおもちゃを落とす度に傷はつきます。でも、どんな家を建てても傷はつきますし汚れます。
できる範囲で傷をつけないように大事にしようと思う姿勢が必要です。
その気持ちと姿勢で傷は減り、また傷は気にならなくなるはずです。
・漆喰の塗り具合や木目には好みがあると思いますが、ちゃんと希望を伝えれば可能な範囲でイメージ通りにしてくれます。
・細かいところの施工も考えてくれています。取っ手の位置でもドアの開き具合でも使ってみないとわからない所もきっちりです。
・家の間取り/設計に関しては常栄さんに紹介して頂いた設計士の金井さんのお陰で、最初に考えていた理想のイメージ以上の家ができました。

最後になりますが、素晴らしい「いい家」を建てて頂いた常栄の皆様には心から感謝申し上げます。
平成24年5月
角 篤司 様より
お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP
川上麻衣子石黒彩マイベストプロ国民会議長女の日記