民家工房常栄│常栄は日本の風土に適した健康住宅、日本伝統工法による自然素材のエコハウス、元気で、安全・安心な住宅を提案します。

事例写真とお客様の声

吉村様邸

愛娘と共に歩む家
yoshimurasama_02.jpg
そろそろ家を建てようかと考え始めた頃、とあるショールームで無垢材を使用している家を拝見し「木が見える家っていいよね?」と妻と漠然と話し合っていた最中、本屋さんでたまたま手に取った一冊の本から常栄さんに出会いました。
数ある工務店さんの中でも、民家工房・常栄さん(山本代表)の家に関するこだわりは脱帽の粋だと思います。

家を造るには色々な部材を使いますが、構造材や断熱材、様々な所で「日本人」「日本の気候」に適した素材を用いられていて、そこに住む人の事を心から考えて造ってくれます。
それだけではなく、誰もが羨むような仕上がりで建ててくれます。
リビング中央の大黒柱とキッチンの小黒柱を跨ぐ太鼓張りや、2Fの勾配天井、寝室の太鼓張りなど他では見られない仕上げが施されていて、ただ単に「住む」と言った箱物ではなく、建具の一つ一つまでも思い入れを持てる物ばかりです。
入居してから3ヶ月を過ぎましたが、本当に毎日が新鮮で、木の温もり、漆喰壁の綺麗さにうっとりするばかりです。
白っぽかった杉板達も、飴色に変化してきて、だんだん馴染んできました。

自分達のプランを考えている途中も、建築に進んでからも、常栄さんが手掛けたお家を何件も見学させて頂きました。
本当に屋外よりも家の中の方が、空気が澄んでいるように感じました。『健康住宅』って言われても「なんだそりゃ?」って思うかもしれませんが、常栄さんで建てられたお家の玄関をくぐれば、すぐに合点が付くと思います。
他の施主さんも書かれていますが、木の香りがいっぱいに広がり、とても清々しい気持ちにさせてくれます。
我が家が完成した際も、たくさんの方が見学会に来られましたが、これから家を建てようと思っている方はショールームや完成見学会に是非足を運んでみて下さい。
常栄さんの家に対するこだわり、施主さんに対する思いやりを充分に感じられると思います。
そして、家を造る事の大切さや、本当の家とは何かについて考えて欲しいと思います。

最後に...
 愛娘の誕生10日後に上棟式を執り行い、娘の成長と共に着々と建てられていく我が家を見守りながら数ヶ月を過ごし、7月に入居してから3ヶ月を過ぎました 
娘の誕生と我が家の誕生、これからずっと、この家と同じ年齢を重ねる事になります。
まだ家の事など当然分かるはずもないのですが、この家に住み、心地よい空気を毎日吸って、元気にスクスクと育って欲しいと思います。
そう言う事を心から感じられる本当に良い造りの家だと思いますし、常栄さんに出会えて良かったと、心から感謝しています。

吉村 様より
お問い合わせ
TEL:046-241-6959Webからのお問い合わせはこちら
PRINTPAGE TOP
川上麻衣子石黒彩マイベストプロ国民会議長女の日記